マンションのバスルームリフォーム

築30年近いマンションで誰も住んでいなかった期間も長いため1度もリフォームをしたことがなかったが、先日階下の方から水漏れを指摘された。原因が結局わからなかったので原因究明のためにも浴室をリフォームすることにした。ユニットバスの寿命は30年と言われているので丁度よい機会だし、給湯器め使用15年たっているので浴室&給湯器を交換することにした。

現在は1116サイズの浴槽であるが、リフォームするとワンサイズ大きな物にできるらしいし、扉も現在は普通のドアがついているが、最近では、中で倒れた時に救出しやすい折戸が主流ということで扉も交換することに。業者選びは、まずガス会社の方と近所のtoto専門業者さんな依頼した。と、同時にネットの一括見積りサイトで紹介された中から二つの会社を選んで簡単な見積りを頼んだ。ガス会社の見積りははじめ凄く高く予定予算を大幅に越えていたためその事を伝え、toto専門業者さんの見積り額を伝えると、もう一度見積りをし直すとのことで内装業者を変え見積りし直しをしてくれたが、20万近く高かったのでガス会社への依頼は断念した。他の会社の見積りは現地にきてもらわず、希望商品を伝え概算でだしてもらったが、toto専門店よりやはり高くネットで宣伝している金額プラスαかかると言われたのでtoto専門店に頼むことにした。値段の安さも決め手の一つであるが、見積りがきちんとしていたことと、見積り以外の金額は後から発生しないこと、商品の保証期間が5年であることからこの業者さんに頼むことにした。以前職場のお手洗いを和式から様式に交換した際にも利用したところなので仕事ぶりはわかっているし、故障にもすぐ対応してくれるところなので心強い。やはり近くのリフォーム会社さんに頼んだほうが、何かあった時にすぐかけつけでくれるから安心だ。我が家の場合は最初からtotoのマンションリモデルシリーズに交換しようと思っていたのでtotoの認定店を中心にリフォーム業者さんを探した。その中でも自宅から1番近いところが、1番値段も安くてラッキーだった。リフォームは来月する予定であるが、今から楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です